午前10時にホテルをチェックアウトしてテルミニ駅へ。
テルミニ駅まで徒歩2分というロケーションはよかったです。
(と言ってもテルミニ駅正面ではなく、横っちょの入口ですが)

d0343291_15241618.jpg

久しぶりのイタリアでスリや置引きに遭わないよう気を引き締めて
荷物に注意しながら、自動販売機で切符を購入。

ローマ・テルミニからチビタベッキアまで一人5ユーロ。
(所要時間は1時間強)

d0343291_15450914.jpeg

電車に乗る前には刻印をお忘れなく。日本にはないシステムなので
うっかり忘れてしまいそう105.png

d0343291_15475630.jpeg

それでは電車に乗りましょう。
2等しかない、全席自由席のローカル線。空いていました。

d0343291_15523558.jpeg

足元の壁にはUSBポートがあって、イタリアもなかなかやりますね165.png

出発して、だんだんと郊外の景色になってきましたが、雨が降ってきた140.png

d0343291_15583745.jpeg

雨だったらチビタベッキア駅からクルーズターミナルまでタクシーかなぁ。

最後は海沿いに出ました

d0343291_21351786.jpeg

クルーズ船が停まっているのが見えて、チビタベッキアも近い。

d0343291_19075672.jpeg

そして、チビタベッキアに到着。

d0343291_22111760.jpeg

駅を出るとタクシーの客引きがたくさんいて、一応値段を聞いたら
20ユーロですって149.png

雨がやんでいたので、のんびり歩いて行くことにしました。
駅を出たら海沿いを右方向に歩いて行きます。

d0343291_23370313.jpeg

10分ぐらい歩くとミケランジェロ要塞に突き当たって、ちょっと不安になりますが105.png

d0343291_23385212.jpeg

この要塞の敷地内?と言うか、要塞の先にクルーズポートがあるので
ここから中に入ります。

d0343291_23412553.jpeg

そして、この中でクルーズ船まで無料のシャトルバスが運行されているのですが
乗り場を探すのに少し迷ってしまいました。

d0343291_20121145.jpeg

結局、バス乗り場がどこだったのかいまだにわかっていませんが105.png
途中のバス停で無事拾ってもらえました164.png

(私達は要塞の左側にまわりこんでしまって、距離的には埠頭に近いけれど
たぶん、バス停は要塞の右側方向にあったんだと思います)

それから、駅前からタクシーに乗る場合
ライセンスを持っているタクシーはクルーズターミナルまで行きますが
ライセンスを持ってないタクシーに乗ってしまうと、ミケランジェロ要塞の
手前で降ろされてしまうのでお気をつけください。

# by peanuts_peanuts | 2018-05-24 07:32 | 2018 地中海クルーズ | Comments(0)
ローマの空港に無事到着。

しかし、同じくらいの時間帯にアリタリアの東京からの便、大韓航空、
アシアナ航空などアジア各国からの便が到着して、入国審査場は大混雑。

結局、30分ぐらいかかってイタリアに入国。
(日本のパスポートは質問されることもなく、スタンプ押されて10秒で完了)

荷物は既に出ていて、ターンテーブルから降ろされて、私達を待っていてくれましたw

今回、夜着いて、翌朝には港があるチビタベッキアに行くので
ローマでの宿泊はどこにするか(空港にヒルトンあり)色々考えましたが
空港近辺に泊まっても、電車でチビタベッキアに行くには一旦テルミニ駅(またはその近く)
まで行かないといけないので、テルミニ駅近くに泊まることにしました。

しかし、ローマのホテル高い!
高級ホテルじゃなくても普通に一泊 2.5〜3万円します。
寝るだけなのに勿体ない! 探して、わりかし評判のいいゲストハウスを予約しました。

テルミニ駅の正面じゃなくて、脇の出口から徒歩2分のラタッツィ・ゲストハウス。

d0343291_18332653.jpeg

ドア横の呼び鈴を鳴らすと中から解錠してくれます。
扉を開けて階段を上ると正面に受付があります。

受付のお兄さんはとってもフレンドリーで流暢な英語で対応してくれました。

10月に結婚予定で、ハネムーンで日本に行くそうです。
東京と京都を8日間でまわり、その後、ハワイとカリフォルニアにも
行くんですって。

(しかし、朝4時起きで15時間かけてローマまでやって来て
この時日本は午前4時。ワタシ、結構ヘロヘロでお兄さんのテンションに
ついていけない105.png へ〜 そーなんだ〜 エヘヘ105.png みたいな反応しかできなくて
ゴメンナサイ)

部屋は一見きれいですが、ま、ゲストハウスですからそれなりです。

d0343291_23480096.jpeg

Wi-Fiもありましたが弱くて使い物にならず119.png

朝食はコンチネンタル。レセプション横の四畳半ぐらいの広さのところで
一応w ビュッフェスタイル。お皿は使い捨ての紙皿119.png

d0343291_23571058.jpeg

これで一泊 100ユーロが高いのか安いのか、、、
日本の新しくてきれいなビジネスホテルって本当にリーズナブルだと
つくづく思います。

ま、一泊ならいいんじゃないでしょうか。
2泊以上するならもう少し良いホテルがいいかな105.png

さて、それではチェックアウトしてテルミニ駅に向かいます。

# by peanuts_peanuts | 2018-05-23 18:32 | 2018 地中海クルーズ | Comments(0)
2016年のインド旅行で中国国際航空(エア・チャイナ)のビジネスクラスに搭乗。
期待以上に(予想通りじゃなくて期待以上w)よかったので
中国東方航空(チャイナ・イースタン)はどうかな。と思っていたのですが、、、

(当初は、ドーハのラウンジが凄すぎるらしいので
JALのマイレージでカタール航空の無料航空券をゲットしようとしたのですが
ビジネスクラスがとれず、JALに電話して相談したら色々調べてくれて
帰りはBAでとれますが、往きは「嫌かもしれませんが」と前置きした後
「中国東方航空でならとれます」とのこと。

「嫌かもしれませんが」なんて言われたらそう思ってなくても
嫌になっちゃいますよね。

ビジネスクラスの特典航空券はそれなりのマイル数を
使わなければいけないのに(2人分だし)勿体ないかな。なんてね119.png

なので、ちょっと心配してたのですが、中国国際航空同様
期待以上によかったです165.png


座席
羽田〜上海のビジネスクラスは最新のスタッガード型シートなので
言うまでもなく、上海〜ローマはちょっと古いタイプのシートでしたが
フルフラットになるので、これも満足

d0343291_16335765.jpeg


機内 Wi-Fi
そして、ビックリしたのがWi-Fiが無料で使えること!
何故か機内アナウンスではWi-Fiがあることを言いませんが
ビジネスクラスだけでなくエコノミーでも無料で使えるそうです。

d0343291_16433120.jpeg

CEAIR-WIFI を選ぶとログイン画面が出るので、座席番号と
自分のパスポート番号の下4桁を入れると繋がります。
速度は遅いけれど、それは仕方ないですね。


機内食
チョイスがたくさんあって(メインは4種類)羽田〜上海の近距離でも量がたっぷり。
味も悪くなかったですよ。

d0343291_16493730.jpeg

上海〜ローマは12時間のフライトで、離陸後に昼食(ディナーと同じメニュー)
途中で希望者にはスナック(お粥?)が出され、着陸2時間前には
軽食のサービス。食事と食事の間もポテトチップスを持って各席をまわったり
お飲み物はいかがですか?と声をかけてくれました。


エンターテインメント
観たい映画はあまりなく(新しいのはスターウォーズとグレーテスト・ショーマンぐらい)
グレーテスト・ショーマンでももう一度観ようかなと思ったら
言語は英語で字幕は中国語のみ。 (ま、中国の航空会社なので
仕方ないと言えば仕方ないけど)


アメニティ
羽田〜上海はスリッパのみ。そして、座席には毛布が置いてありました。

上海〜ローマはスリッパとロクシタンのセット。
座席には毛布ではなく、掛け布団(羽毛ではない)が置いてありました。
フカフカというわけではないけれど、カバーの洗いざらし感が
逆に清潔感があって、ワタシ的には印象よかったです。

d0343291_16532879.jpeg

不思議だったのは、ビジネスクラスのトイレに男性用髭剃りセット(使い捨て)が
置いてあったこと。機内では初めて見た気がするw

逆に歯ブラシセットは置いてなかったので、アメニティの中の歯ブラシを
使ってくださいねっていうことなんでしょうね。


最後に、操縦室からのアナウンスは一切なし。
やっぱり乗客としては操縦室からのアナウンスはして欲しいなぁ。
乗客からパイロットの顔は見えないので、せめて声だけでも聞けると
安心するんですよね。12時間もあって、ずっと忙しいわけないんだから
お客にひとことぐらい挨拶はするべきだと思う・・・。

(これは一部 JALでも言えることです。← オットがクレームしました105.png
それを同じマンションに住んでいる現役さんに話したら
エエー! 勘弁してくださいよ〜 と言われたそうですが
オットのクレームで改善するといいなと思います164.png

そして、シートベルトサインは最初から最後まで入れっぱなしで
揺れ始めると、ポーン!ポーン!てリマインダー的にサインを入れ直して
点滅させていました

あとは、、、スマホの充電はバッチリと書きましたが、離着陸時は
充電しないでくださいとのこと。これは、中国国際航空やマレーシア航空も同じ。
JALは離着陸時に充電していてもOKなのに、何が違うのかな。


中国東方航空、全体的には悪くないです。
ローマ到着前にはCAさんが各席をまわって着陸予定時刻、現地の気温と共に
中国東方航空をご利用くださってありがとうございました。と笑顔でご挨拶。
とても感じがよかったです165.png

機会があれば、また乗ってもいいと思えるレベルでした。

# by peanuts_peanuts | 2018-05-23 07:30 | 2018 地中海クルーズ | Comments(0)

暴走オットと行く旅行の備忘録を中心に、ミュージカルのこと、老親のことなど。2015年トルコから本帰国しました。


by peanuts_peanuts